PAGE TOP

MOBAC SHOW 2019

2019モバックショウ(国際製パン製菓関連産業展)入場登録者数速報

2019モバックショウ(国際製パン製菓関連産業展)は、2月23日の会期を持ちまして無事終了致しました。
ご来場、ご出品ありがとうございました。

次回開催は、下記を予定しております。

会  期:2021年3月9日(火)から3月12日(金)
場  所:インテックス大阪
募集開始:2020年2月頃を予定

ご出展ご検討の方は、こちらからご連絡をお願いいたします。

第26回国際製パン製菓関連産業展入場登録者数

期日 天候 入場登録者数 小計 累計
国内 海外
2月20日(水)
(初日)
晴れ 9,475名 1,568名 11,043名
2月21日(木)
(2日目)
晴れ 8,633名 1,136名 9,769名 20,812名
2月22日(金)
(3日目)
晴れのち曇り 8,119名 1,176名 9,295名 30,107名
2月23日(土)
(最終日)
晴れ 5,808名 227名 6,035名 36,142名
合 計 32,035名 4,107名 36,142名
※入場登録者数:本展会期中に受付にて、来場登録を頂いた人数。会期中に複数日に渡って入退場をされた場合も1人としています。

ニュースリリース

2019/2/23…2019 モバックショウは会期を終了いたしました。

2018/11/6…来場者事前登録を開始しました。

2018/3/12…中国ビジネスセミナーを開催しました。

開催概要

つながる技術、広がる美味しい笑顔

 最高レベルの品質と信頼性で製パン製菓業界の未来を切り拓く総合専門展、MOBAC SHOW 2019を開催いたします。モバックショウは、過去25回の開催実績を有し、製パン製菓産業に必要なあらゆる機械・設備・器具、原材料、資材等が一堂に公開展示されるビジネスショウとして、国内外から高い評価を受けています。

 ぜひ、モバックショウへご出品・ご来場ください。

♦名称

  • MOBAC SHOW 2019
  • 2019 モバックショウ(第26 回国際製パン製菓関連産業展)
  • The 26 th MACHINERY, MATERIALS, MARKETING OF BAKERY AND CONFECTIONERY SHOW

♦目的

  • 製パン製菓産業に必要なあらゆる機械・設備・器具、原材料・資材、関連情報や各種製法等の公開展示を通じ、新規需要の創出を促し、業界交流の場を提供するとともに、食品産業の発展と豊かな食文化の向上に寄与することを目的とする。

♦テーマ

  • つながる技術、広がる美味しい笑顔

♦展示方針

  • ①「 技術」と「素材」が創りだす「おいしさ」の実演
  • ② 未来につながる機器、原材料、マーケット情報の発信
  • ③「 環境」「安全・安心」「衛生」に配慮した一連の展示

♦主催

  • 協同組合 日本製パン製菓機械工業会

♦出品内容

  • ①製パン機械  ②製菓機械  ③食品加工機械  ④製粉機械  ⑤包装機械
  • ⑥製パン製菓器具  ⑦厨房機器  ⑧冷凍冷蔵機器  ⑨店舗設備  ⑩物流機器
  • ⑪原材料・食材  ⑫冷凍生地  ⑬副資材・包装資材  ⑭分析・検査機器
  • ⑮安全・衛生管理機材  ⑯環境対策機器  ⑰エネルギー関連
  • ⑱情報処理機器・関連ソフト  ⑲工場建設  ⑳専門図書
  • ㉑その他の関連産業機械  ㉒その他の関連設備・器具

♦会期

  • 2019年2月20日(水)~2月23日(土)の4日間

♦開場時間

  • 午前10時~午後5時

♦会場

  • 幕張メッセ・国際展示場 4・5・6・7・8 ホール 千葉市美浜区中瀬2-1

♦規模

  • 254社 1,626小間

♦入場料

  • 1,000円(消費税込み)

♦後援

  • 経済産業省、農林水産省、千葉県、千葉市、日本貿易振興機構(ジェトロ)、全日本パン協同組合
  • 連合会、一般社団法人日本パン工業会、パン食普及協議会、全国菓子工業組合連合会、一般社団法人日本
  • 洋菓子協会連合会、協同組合全日本洋菓子工業会、全日本菓子協会、全国和菓子協会、全国米菓工業組合、
  • 一般財団法人食品産業センター、一般社団法人日本惣菜協会、日本チョコレート・ココア協会、日本
  • チョコレート工業協同組合、日本製餡協同組合連合会、一般社団法人日本フードサービス協会、一般社団法人
  • 日本冷凍食品協会、一般社団法人日本食肉加工協会、全国蒲鉾水産加工業協同組合連合会、日本チェーンストア
  • 協会、一般社団法人日本弁当サービス協会、日本スーパーマーケット協会、公益社団法人日本給食サービス
  • 協会、一般社団法人全国スーパーマーケット協会、一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会、
  • オール日本スーパーマーケット協会、株式会社幕張メッセ (順不同)

♦協賛

  • 一般社団法人日本包装機械工業会、一般社団法人日本食品機械工業会、一般社団法人日本厨房工業会、東京
  • 糧食機工業協同組合、一般社団法人中部包装食品機械工業会、製粉協会、日本イースト工業会、日本マーガ
  • リン工業会、公益社団法人日本包装技術協会、精糖工業会、一般社団法人日本乳業協会、日本香料工業会、
  • 一般社団法人日本植物油協会、日本ジャム工業組合、日本フラワーペースト工業会、
  • アメリカ合衆国小麦連合会、カリフォルニアレーズン協会、イタリア大使館貿易促進部、
  • 在日ドイツ商工会議所、フランス見本市協会、スペイン大使館経済商務部、全国パン専門新聞協会
  • (順不同)

入場方法

1来場者事前登録
  • 来場者事前登録
  • あらかじめウェブサイトから事前登録を行っていただくと、
    入場料(当日1,000円)が無料となります。

2出品者から招待(入場)券を入手
  • 出品者から招待(入場)券を入手
  • 主催者発行の招待(入場)券を、<出品者から入手していただき、ご来場いただくと、
    入場料(当日1,000円)が無料となります。

3団体見学受付のご案内
4当日入場券を購入
  • 当日入場券を購入
  • 会期中、会場入口で当日入場券(1,000円)を販売します。

モバックショウの特長

no1
最高レベルの品質と信頼性で課題解決に貢献
パン・菓子に関する原材料・資材から製造機械、製品の出荷まで あらゆるものがトータルに展示され、最高レベルの品質と信頼性 でユーザーの課題解決に貢献する専門見本市。その高い専門性が、 国内はもとよりアジア各国からも大きな注目を集めています。
no2
ユーザーニーズにこたえる幅広い提案が魅力
最新鋭の機械・システム、パン・菓子を彩る原材料・資材、関連情 報や各種製法などが一堂に集まるトータルショウです。パン・菓 子の生産現場の合理化から、新しいショップ展開、ニュービジネ スの構築にいたるまで、ユーザーニーズにこたえる幅広い提案を 行います。
no3
最新情報満載のステージ
会期中毎日開催されるモバックセミナーでは、製パン・製菓に関 する最新技術、新製品、マーケット情報などが公開されます。食 の安全・衛生に関すること、最新の技術動向、トレンド情報など 最新情報満載のステージです。
no4
多彩なイベント行事が話題
見て楽しく、触れて・聴いて学べる実感・体験型のイベント行事が、 毎回話題となっています。会場内に設けられた特設コーナーでは、 各種コンテストや有名シェフ・名人たちによるデモンストレーシ ョン、業界著名人によるセミナーなどが連日行われ、毎回多数の 来場者が参加し、会場内は熱気にあふれています。

イベント情報

2019モバックショウイベントのご案内

  • 各館にて会期中毎日開催(各コーナーの観覧はすべて無料)
  • 都合によりスケジュール変更となる場合がありますので、あらかじめご了承ください
第四回ベーカリー・ジャパンカップ *全日本製パン技術選手権大会(4ホール)
「日本のパン職人」の技術による「日本のパン」の1番を決める唯一のベーカリーコンテスト、第四回ベーカリー・ジャパンカップを開催します。
こんなパンが店頭に並べば、という思いで、地区予選を勝ち抜いてきた精鋭たちが日本のパンとその製造技術をいかんなく発揮いたします。ぜひ、ご期待ください。
スケジュール
2月20日(水) 食パン部門決勝進出者
髙田知明(埼玉県・㈲ベーカリータカダ)
松岡 瞳(神奈川県・㈲ブーランジュリー・オーヴェルニュ)
郡山宗弘(大阪府・Boulangerie Seize)
岩本大志(福岡県・岩本商事㈱グランドアムール)
大宗智成(神奈川県・横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ)
小森智之(長野県・モカブレッド)
鈴木 慎(栃木県・パンデスマイル)
村東秀紀(奈良県・㈱エストヴィラージュ)
2月21日(木) 菓子パン・食事パン部門決勝進出者
岸 博之(東京都・フジパンストアー㈱)
今川あゆみ(東京都・㈲濱田屋)
鈴木俊介(千葉県・ケーキとパンのお店 ソレイユ)
城所 聡(愛知県・㈱オールハーツ・カンパニー)
2月22日(金) 菓子パン・食事パン部門決勝進出者
大野聡久(大阪府・鳴門屋製パン㈱)
重田 要(福岡県・クラウン製パン㈱)
森 浩二(兵庫県・㈱イスズベーカリー)
笛田 涼(福岡県・クラウン製パン㈱)
2月23日(土) 入賞作品の展示及びリテールベーカリー協同組合有志によるデモンストレーションをおこないます。
全日本和菓子品評会及び和菓子職人による実演(4ホール)
日本菓子協会東和会及び日本菓業振興会会員による工芸菓子及び引き菓子・上生菓子の品評会・作品展示をおこないます。日本食の伝統と美の世界をご堪能ください。
また、和菓子の製造名人と言われる一流技術と選・和菓子職の称号をもつ和菓子づくりの技術者による蒸し菓子、平鍋菓子、練り切菓子の実演をおこないます。
また、コーナーを訪れた方には、実演でできあがった作品の試食もおこなっていただけます。ぜひ、ご参加ください。
スケジュール
2月20日(水)
森 雅彦(四季菓庵 いわかめ)森山智宏(和菓子処 和心)
水上陽一(茶菓あづき)関根雅史(御菓子司 せきね)
2月21日(木)
高橋功展(御菓子司 花扇)杦山 勝(杉山本店)
江口方弘(山口家)仲嶋真輝(五香 青柳)
2月22日(金)
福井俊介(成城風月堂)金子 潤(億万両本舗 和作)
土門邦光(手つくり和菓子翁屋)鎌田明成(伊勢屋かまた)
2月23日(土)
船田雅一(日本菓子専門学校)丸山 卯(まるやま千栄堂)
亀岡佑太(嘉久屋)北条智之(㈱中村屋)
スクールコーナー(6ホール)
明日のフードエンジニアを目指す人たちのために首都圏の著名な製パン・製菓学校の協力を得て、スクールコーナーを特設しました。
参加校
国際製菓専門学校/国際パティシエ調理師専門学校 
〒190-0012 東京都立川市曙町1-32-1 TEL042-540-8181
専修学校日本菓子専門学校
〒158-0093 東京都世田谷区上野毛2-24-21   TEL03-3700-2615
専門学校二葉製菓学校
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-23-8 TEL0422-20-4556
パンの世界大会大集合(8ホール)
パンの世界大会に出場する日本代表選手を応援するコーナーです。皆様の応援、よろしくお願いします。
Aコーナー クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリー日本代表選手3名によるデモンストレーションとセミナー。
次のクープ・デュ・モンドに挑戦して代表選手を目指したい方に、攻略のポイントを伝授いたします。

日本代表選手

・パン部門:二宮 茂彰
・ヴィエノワズリー部門:津田 宜季
・飾りパン部門:勝海 遥平
Bコーナー パンの世界大会「iba cup」「モンディアル・デュ・パン」「クープ・デュ・モンド」日本代表チームによるデモンストレーションを日替わりで開催します。
「iba cup」「モディアル・デュ・パン」は作品を実演披露します。
「クープ・デュ・モンド」はパン作り体験(※事前に募集した参加者)を行います。

2月20日(水)「RCアミカルジャポン」

アミカルメンバー達

2月21日(木)「iba cup」

福井清史/石井謙太 2018日本代表チーム

2月22日(金)「モンディアル・デュ・パン」

大澤秀一/久保田遥 日本代表チーム

2月23日(土)「クープ・デュ・モンド」

瀬川洋司/茶山寿人/知念裕之 2016日本代表チーム
Cコーナー パンの世界大会を応援しよう!
エコバッグをお買い上げの方に、パンの世界大会歴代選手や有志ブーランジェが作成したパンをプレゼントします。
モバックショウ限定の特別なパンです。

出演者

「クープ・デュ・モンド」世界大会出場選手、有志ブーランジェ
「iba cup」世界大会出場選手、有志ブーランジェ
「モンディアル・デュ・パン」世界大会出場選手、有志ブーランジェ
洋菓子イベントコーナー(8ホール)
日本の著名なパティシエ、シェフ、若手新進気鋭の方たちによるデモンストレーションをおこないます。世界最高峰ともいわれる日本の洋菓子製造技術を、ぜひご覧ください。
クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ
「ガレット・デ・ロワ」をはじめとするフランス伝統菓子の魅力と文化を発信
2月20日(水)
濱田舟志(ウイーン菓子工房グリューネベルク)
菅又亮輔(リョウラ)
上霜考二(アヴランシュゲネー)
捧 雄介(パティスリーユウササゲ)
2月21日(木)
妻鹿祐介(ミラヴェイユ)
三鶴康友(フランス菓子トワグリュ)
金子美明(パンセヴェイユ)
セルクル・デ・シェフ
「フランス菓子を愛し、テーマに掲げる次世代シェフの会」
2月22日(金)

第1部

島田 徹(パティシエ・シマ)
神田知興(パティスリー・オクトーブル)

第2部

菊地賢一(レザネフォール)
金井史章(アングラン)

第3部

森 大祐(アンヴデット)
川越 拓(しろたえ)
GPS Club(グローバル・パティスリー・サポーターズ・クラブ)
「ファーストトライアルコンペティション」
タイムレース形式のコンクールへのステップとして、今求められる多様な技術の向上を目的としつつ、日本の若きパティシエが広く世界に目を向けることを願い、開催します。
2月23日(土)
朝日拓也(グランドプリンスホテル高輪)
桶谷智史(グランドハイアット東京)
梶原明里(にいがた食育保育専門学校えぷろん)
古梶将安(ザ・プリンスパークタワー東京)
小林旺広(オクシタニアル)
小島翔也(ル・ピノー)
高野香苗(帝国ホテル)
西川広三(帝国ホテル)
横内聖人(帝国ホテル)
吉田和正(北日本テクニカルクッキングカレッジ)

2019 モバックショウ 和菓子研究会のご案内

  • 入場無料、別途お申し込みが必要です。
  • お申込書(PDF)をモバックショウ事務局まで FAX にてお送りください。
  • モバックショウ事務局 FAX:03-6673-4568

└ 主催:全国和菓子協会
└ 会場:国際会議場

期日:2019年2月22日(金) 14:00~16:00

会場:幕張メッセ国際展示場2階「国際会議室」

プログラム

<第1部>

講 師: 橋本 仁 農学博士

氏は、農学博士で、現在、糖業協会理事。
砂糖の健康性の研究ついて第一人者といわれています。
テーマ:「砂糖は太る」の誤りを知る
 ・「砂糖を食べると太る」は誤り
 ・大切な炭水化物の働き
 ・砂糖は糖尿病の原因食品ではない
 ・FDA(米国食品医療品局)の結論
など、砂糖について言われる俗説を、論理的に否定する内容についてお話します。

<第2部>

講 師: 加藤 淳 農学博士

氏は、北海道立道南農業試験場長で農学博士。
別名「小豆博士」と呼ばれ、豆類のポリフェノールの研究の第一人者といわれています。
テーマ:主原料「小豆・いんげん豆」の健康性を知る
 ・良質なタンパク質など成分バランスが良い
 ・豊富なビタミンB群を含む
 ・多彩なミネラルを含む
 ・食物繊維の含有量と効用
 ・ポリフェノールの含有量と働き
など、豆の健康性と機能性、身体に役立つ要素などについてお話します。
※ 第1部、2部ともに司会進行(各講師へのインタビュー)は全国和菓子協会の藪 光生 専務理事が務めます。

モバックセミナー

会場:幕張メッセ・国際会議場(201)会議室  参加料:無料(登録制)  定員:各セッションとも100名

2月20日(水)
2月21日(木)
2月22日(金)
セッション1 12:30~13:30
食品製造環境改善!清掃性・防塵性・デザイン性に優れた粉体設備の紹介
ツカサ工業㈱
営技部副部長 岡田大介 氏
連絡先:TEL.0569-22-3112
セッション2 14:00~15:00
アレルゲン管理と人手不足解消のための洗浄システム
㈱クレオ
連絡先:TEL.03-3553-1900
セッション3 15:30~16:30
補助金を活用して設備投資
㈱櫛澤電機製作所
営業部長 澤畠雄哉 氏
連絡先:TEL.045-431-1178
セッション4 12:30~13:30 満席
ベーカリー経営の気になる数字アレコレ
福島工業㈱
パン屋税理士 河原 治 氏
連絡先:TEL.03-3663-3051
セッション5 14:00~15:00 満席
新発想で作るこれからのベーカリー
㈱愛工舎製作所
代表取締役 牛窪洋光 氏/
ジャパンベーカリーマーケティング㈱
代表取締役 岸本拓也 氏
連絡先:TEL.048-441-3368
セッション6 12:30~13:30
ケーキショップの業績を上げる売場改革
ダイヤ冷ケース㈱
代表取締役社長 太田和隆 氏
連絡先:TEL.03-3412-1441
セッション7 14:00~15:00 満席
製パン工場におけるカビ汚染の経路と対策
㈱ファインテック
微生物研究室・室長 福島由美子 氏
連絡先:TEL.03-6821-9831

会場案内

小間平面図(730KB)(pdf)
※画像、リンクをクリックすると PDF が開きます

会場アクセス

【シャトルバスのご案内】

幕張メッセ発、東京ビックサイト発(各バスロータリー)

・2月20日(水)、2月21日(木) 約30分間隔
12:00、12:30、13:00、13:30、14:00、14:30、15:00

幕張メッセ発、東京ビックサイト発(各バスロータリー)

・2月22日(金)
12:00のみ